外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装はなぜ必要なのか

外壁塗装には建物の美観を高める働きはもちろん、建物を防水して外壁そのものを保護して寿命を延ばすという大切な役割があります。
外壁塗装は永久的なものではなく数年~10数年の間隔で定期的な塗り替えが必要になります。

塗料の種類

塗替え塗料のメリット・デメリット

塗料には大きく分けてアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・断熱などの特殊塗料があります。
当社ではシリコンを主に使用しており、お客様のご要望に合わせてフッ素・断熱塗料等も塗装しております。シリコン塗料は、紫外線や湿気、汚れに強く、気候・温度の変化に対しても優れた耐久性を持ちます。
アクリル・ウレタンより少し値段は高くなりますが、性能的にはとてもコストパフォーマンスの良い塗料と言えます。
近年では、塗り替え用塗料として、標準的なグレードになってきております。

塗料施工価格帯

アクリル塗料は安価で数年前まで幅広く使われていましたが、汚れやすく耐久年数が短いので塗装の塗替え頻度が高くなります。
ウレタン塗料はアクリル塗料よりも耐久性・防水性が高く、比較的安価で現在もよく使用されています。しかし、シリコンに比べ値段がそれほど変わらないのに耐久性に違いがあります。
また、フッ素塗料は他の塗料に比べて耐用年数が長いのが特徴ですが、高価で塗装費用が高くなります。
 
 

下地処理で耐用年数UP!!

シリコン塗料でも塗り方次第で塗膜の寿命を延ばす事が出来ます。

塗装で一番大事なのは下地処理です。
下地処理とは、高圧洗浄で汚れや古い塗膜を落としたり、クラックや錆などの外壁の劣化を補修したり、その後に塗る塗料の密着を高め躯体を保護するための重要な作業です。
下地処理がきちんとされていれば、塗料のもつ効果以上のものを発揮してくれます。逆に古い塗膜が残っていたり、クラックの補修など必要な下地処理を怠ったままでは、いくら高価な塗料を塗ってもすぐ剥がれてしまったりヒビ割れが発生してしたりする原因になります。
下地処理は手間のかかる作業ですが塗装において重要な役割になりますので、当社では下地処理に重点を置いた塗装を心がけ、シリコン塗料の寿命をより長く持たせられるような塗装を行っております。

 
 

ラジカル塗料について

性能が良く、チョーキングが起きにくい

最近では、シリコンとフッ素の間の耐久性を持つラジカル制御型塗料も注目されています。
ラジカルとは、紫外線や雨風に当たると発生する塗膜劣化の原因となる物質のこと。ラジカル制御型塗料はこのラジカルの発生を
抑えるので、高い耐候性・防汚性を持ち、比較的安価で長い塗膜の寿命が期待できます。

 
 

フッ素塗料について

フッ素の力で長期間維持

フッ素系塗料は外壁塗装で使用される塗料の一つで、アクリル系塗料やシリコン系塗料に比べて寿命が長いのが最も優れた特徴です。

また対候性に関してはその他の塗料と比べて格段に高い効果を発揮し、外壁塗装に求められる耐熱性や耐寒性にも優れた効果を発揮します。
雨が降った時に外壁に付着した汚れが、すぐに落とせるようコーティングされるので、美しさをいつまでも保っていたい場合には高い効果を発揮する塗料です。

 
 

遮熱塗料について

太陽から受ける熱をブロック!

室内の温度を気にされる方に注目されている塗料が、「遮熱塗料」です。

住宅の屋根、そのほかにも屋上、ベランダ、外壁に塗装するだけで省エネ効果が期待でき、暑い夏場の室内環境を向上させ過ごしやすく、冷房の節約に役立つ塗料です。
遮熱塗料は太陽光が熱エネルギーに変わる前に塗膜部分でその大半を反射し、熱が室内に伝わることを防ぐことで室温上昇を抑えます。

PAGETOP
Copyright © 豊澤建装株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.